看護師の転職に関する疑問や不安、転職の達人が解決します!

TOP/看護師の転職サイトのおすすめってどこ?違いはあるの?転職の達人に聞いてみた

看護師の転職サイトのおすすめってどこ?
違いはあるの?
転職の達人に聞いてみた

看護師

こんにちは! 看護師のすずです。今回のお話は看護師の転職サイトの違いについて。

一見するとどれも似ている看護師向け転職サイトも実は運営元の紹介会社ごとに得意・不得意があったり、不可サービスが違ったりしていて、けっこう差があります。

それって以外と知らない看護師さんも多いと思うんです。

ということで、その辺りを詳しく、転職の達人の松田さんに根ほり葉ほり聞いちゃいます!

目次

看護師
すずちゃん

最近転職を考えている現役の看護師。過去の転職経験は1回。

転職の達人
松田さん

元大手紹介会社のキャリアプランナー。看護師の転職を熟知している。

まずは大手の会社がやっている転職サイトがおすすめ..

早速、看護師の転職サイトについてい伺いたいと思います。

はい。まず基本は「大手が運営している転職サイト」に登録した方がいいです。小さい紹介会社が運営している転職サイトは、後々トラブルになることがあるので。

どうして、小さい会社の転職サイトはダメなんですか?

理由は、小さい紹介会社は、カウンセリングと内情調査が十分に出来ていない可能性が高いからです。

??

あっごめんなさい。よく分からりませよね。看護師さんが転職するときの転職の達人の大切な役割って「カウンセリング」と「内情調査」が大切だと思うんです。

カウンセリング:自分に合っている仕事や病院が分かる
内情調査:病院で働いている人から情報を収集してくれる

それなのに、小さい会社って人手が足りないので、どうしてもカウンセリングと内情調査がきちんと出来てないんですよね。

結果的に小さい運営会社は自分にあっている仕事や病院の紹介をしてくれないケースが多くなります。

ああそれ、転職で一番多い失敗。「この職場じゃなかった・・・」になりますね。

あと、小さい紹介会社は大手みたいな余裕が無いので、自分に合っていない求人を無理やりねじ込まれて、酷い目に遭うリスクも高いです。

いやー……それは一番イヤなやつです。

ポイント1。小さい運営会社はトラブルの元になるから止めておけ!
ポイント1。小さい運営会社はトラブルの元になるから止めておけ!

まあこれは最悪なケースなので、小さい会社でも多くはきちんと紹介してくれると思いますけどね。あくまで、そういう傾向があるという話です。また求人の数自体も、小さい紹介会社よりも断然多いです。

では看護師向けの大手の紹介会社でおすすめって、どこになるんですか?

私は「看護の仕事」と「マイナビ看護師」の2つを最初にオススメすることにしています。

で、派遣社員を希望する方におすすめするのが、「MCナースネット」です。

とりあえず、いまお伝えした3つは看護師さんが転職するなら絶対に登録した方が良い鉄板だと思いますね。

なるほど。じゃあまず、松田さんイチ押しの転職サイトである「看護の仕事」「マイナビ看護師」「MCナースネット」について、それぞれどういう特徴を持ったサイトなのか教えてもらっていいですか?

分かりました。

看護の仕事は「コンサルタントの交渉力」が強い

まずは「看護の仕事」ですね。看護の仕事は女優の上戸彩さんがCMを務めているディップが運営している転職サイトです。

ディップというのは看護師さんだとどういう会社なのかよく知らない人も多いと思いますが、職業紹介優良事業者制度の第1号認定事業者に決定した、厚生労働省がNo.1と認めた看護師の求人・転職サイトだということです。

何となく「評価が高い紹介会社」っていうのは分かりますが……。看護士から見た場合、看護の仕事はどういう特徴がある転職サイトなんですか?

看護の仕事の強みは、「コンサルタントの交渉力」が他の紹介会社よりも強いということです。なので、勤務時間や雇用条件など「ちょっと実現が難しい求人」を徹底して探して欲しい看護士さんにオススメですね。

あの、すいません。「コンサルタントの交渉力」が強いって、なぜですか?

「各医療機関に対する内部調査を、他社よりも頑張ってる」ってことです。なので、人事担当者とも頻繁に会うことになりますから、条件交渉もしやすくなるというわけなんですよ。

なるほど。求人担当者と親身になれば、希望条件の交渉もしやすくなりますよね。

そうです。看護の仕事は年収アップや勤務時間などの提案力も、他の紹介会社の中では一番高いはずです。

じゃあ、ナースではたらこが一番良いんじゃないんですか?

んーまあ、そうはならないんですよね。地方の求人の紹介に関しては、次にご紹介する「マイナビ看護師」のほうに軍配が上がるかなと思いますね。

ナースではたらこはマイナビほど地方の支店をたくさん持っていないので、面談の設定がしにくいというのもありますね。どうしても面談がしたい人は、次にご紹介するマイナビ看護師のほうを先に使ってみたほうが良いです。

マイナビ看護師は「定着率がいい求人だけ」を紹介

次は「マイナビ看護師」ですね。

マイナビ看護師は名前のとおり、マイナビグループが運営している転職サイトです。

マイナビ看護師の特徴は、他社に比べて一人一人の転職希望者と直接会う「面談」を大切にしています。

面談って、転職の達人の方に相談する「面談」のことですよね。それ普通だと思うんですが?

えっとですね……。すずさんはずっと東京ですよね。東京であれば、希望があれば面談もできるんですけど、東京以外の支店が無い場所での紹介は「面談」は、手間が掛かるので普通はやらないんですよ。

えっ、そうなんですか?!私、自分が転職したときは面談してもらってたので、それが普通だと思ってました……。

地方の看護師は、転職サイトを使ったとしても大都市にいる転職コンサルタントには直接会えません。

そんな「サービス格差」を解消したのがマイナビ看護師です。マイナビ看護師は全国に17カ所も拠点を設け、面接にも同行してくれます。

それは有難いですね。私、転職するときに面談でかなり助けられたので、面談できるかどうかは大きいと思います。

また、マイナビ看護師は「定着率がいい求人だけ」を紹介している点です。マイナビ看護師は転職後も長期に渡って活躍してもらうことをゴールとして、定着率が良い求人を厳選して紹介してくれます。

単に転職させるだけではなく、転職したあとの定着率を大事にしてくれるんですね。

はい。マイナビ看護師は入職後3か月が新しい職場になじめるかの重要期間と位置づけ、いつでも相談できる体制をとっています。

悩みや問題が発生すればすぐに専門スタッフが対応してくれるので、転職したばかりの看護師にとって大きな安心感となっています。

なので、まだ一度も転職活動をしたことがない転職初心者の看護師さんは、「マイナビ看護師」を使うと安心なんじゃないかと思いますね。

じゃあ、看護の仕事とマイナビ看護師にさえ登録しとけばオッケーって感じなんですか?

いえ、看護の仕事とマイナビ看護師にも共通の不得意分野はあります。

具体的には、「派遣」をやっていないという点。派遣をキャリアの選択肢として考えている看護師さんは、「MCナースネット」も一緒に登録しておいたほうが無難です。

え、そうなんですね。看護師の派遣の求人って、どこでも扱ってるわけじゃないんですね……。

ファルマスタッフは「看護師の派遣」が強い

最後は「MCナースネット」ですね。医療業界の転職に強いメディカル・コンシェルジュが運営している、看護師向け転職サイトです。

MCナースネットは、看護師向けの派遣・バイト求人が多いのが特長です。

でも看護師の派遣ってMCナースネットだけなんですか?

違いますよ。

じゃ、その中でも、ナースネットをおすすめする理由っていうのは何なんですか?

理由は1つで、MCナースネットは「看護師の派遣」が圧倒的に強い。公開されている看護師の求人取り扱い数では、業界トップクラスです。

なので、1日単位のスポット求人から短期・長期の派遣、常勤転職まで幅広い求人を紹介してくれます。

それなら、例えば休みの日にイベントナースとして働くことや、それぞれのライフスタイルにあった働き方も可能ですね。

はい。派遣をやりたい看護師さんには必ずオススメしている転職サイトですね。

いやでも、リクナビやマイナビが看護師の派遣をやってないっていうのは、ちょっと不思議ですね〜。やってくれればいいのに〜。

それはおそらく、会社の方針としてやってないんでしょうね。看護師の派遣って、看護師を雇う薬局側からは「コストが高い」ということで敬遠されていますから。

看護師の派遣については、こちらの記事で別途詳しく解説していますので、興味がある方はぜひ読んでみてください。

それ以外の転職サイトは? 使う意味ある?

それぞれの転職サイトがどうやって違いを出そうとしているか、なんとなく分かってきました。

それ以外にオススメの転職サイトはあるんですか?

ありますよ。基本的に上記3サイトが業界では「鉄板!絶対に登録すべき転職サイト」なので、メインで使えば満足できる可能性が高いです。

でも担当者の話を聞いてみて、満足できなければ次にご紹介する「ナースコンシェルジュ」も合わせて使っていきましょう。

ナースコンシェルジュ

まず『ナースコンシェルジュ』は業界でも珍しい「逆指名転職」というスタイルで転職活動をすることができます。

??何ですかそれ?

ふつうの紹介会社だと、看護師さんが転職相談に来られたときに、今すでに持っている求人リストのなかから良さそうなのを選んで紹介するのが一般的なんですけど。

ナースコンシェルジュは看護師さんからの転職相談の後に要望に合う病院やクリニックに営業して、「求人を作り出す」んです。

えっ!そんなことできるんですか!?

できます。普通はこういう転職サポートは時間がかかるので他の紹介会社はやりません。ナースコンシェルジュは転職エージェントにノルマがないので実現が出来るのです。

そうなんだ……。見たところ、会社の規模は小さいみたいですけど。

そうですね。個人的には、ナースコンシェルジュだけを使うというよりは、先に挙げている大手3社。どこでもいいんですけど、セットで比較して使ってみると、けっこう良い転職活動ができるんじゃないかなと思っている紹介会社ですね。

まとめ

小さい紹介会社よりも、大手の紹介会社を使った方が良い
看護師求人の大手3社はナースではたらこ、マイナビ看護師、「MCナースネット
ナースではたらこはコンサルタントが強い
マイナビ看護師は面談に力を入れている
MCナースネットは派遣の求人が多い

今回は以上です。いかがでしたか?

ありがとうございました。転職サイトって、各社けっこう違うんですね……私が転職したときは、こういう違いを特に意識して使っていなかったので、ちょっと意外でした。

まあ結局、「ナースではたらこ」、「マイナビ看護師」、「MCナースネット」は、看護師さんが転職するなら絶対に登録した方が良い転職サイトなので、この話を聞いて「じゃあどれを選ぶ?」という話ではないんですよね。ぜんぶ登録した方がいいんですよ。

分かりました。ありがとうございましたー!

この記事をSNSで友達にシェアしよう






実現が難しいような求人を紹介して欲しいならナースではたらこ

ナースではたらこ

ナースではたらこは、「コンサルタントの交渉力」が他の紹介会社よりも強い点が特徴。勤務時間や雇用条件など「ちょっと実現が難しい求人」を徹底して探して欲しい看護士さんにオススメの転職サイトです。

メールや電話ではなく、直接相談したいならマイナビ看護師

マイナビ看護師

マイナビ看護師の特徴は、他社に比べて一人一人の転職希望者と直接会う「面談」を大切にしている点。まだ一度も転職活動をしたことがない転職初心者は、「マイナビ看護師」を使うと安心の転職サイトです。

転職活動に迷う看護師さんに
おすすめの記事

医療業界の転職事情に詳しい転職の達人が年収アップのノウハウや、
人材紹介会社の裏事情など、看護師さんが気になるトピックをご紹介します。

© 看護師の転職相談所 All Right Reserved.